Top / 清水港日の出岸壁係船柱改良工事完成報告会を開催しました。

平成29年4月16日(日)富士山眺望できる晴天のなか清水港日の出岸壁係船柱改良工事完成報告会 を行いました。

近年、清水港は、富士山の世界文化遺産登録を契機としてクルーズ船の寄港が増加し、高速道路ネットワーク整備により東日本における広域観光の拠点性も益々高まっています。また、平成29年1月には国際クルーズ拠点港に選定され、平成29年どのクルーズ客船の寄港予定は40隻余りと急増しています。

平成 28 年度には、日の出ふ頭岸壁において大型係船柱の改良工事により岸壁背後のスペースや動線が確保され、世界最大級(20 万トン超級)のクルーズ船の安全で円滑な受入環境が整いました。

客船ドーン・プリンセスの歓迎式典に併せて、改良工事完成報告会を開催いたしました。 

HP係船柱報告会.jpg