Top / 清水銀行様寄贈による柳原良平氏作品カラフル7基のテント 港に新たな彩り

清水銀行90周年を記念し制作された7基のテントが平成30年4月26日、ゴールデン・プリンセスの寄港の折、清水港客船誘致委員会に寄贈されました。7基のテントは 日本を代表するイラストレター柳原良平氏により清水港が描かれた作品を監修したものです。1基、1基リバーシブルでカラフルなデザインは日の出ふ頭を彩りました。世界の国から訪れるクルーズ客船観光客への清水港ならではのおもてなしとなりました。日の出ふ頭に着岸し、クルーズ船からも見えるギャラリーテント、メッセージ「Welcome to Shimizu」「I love Shimizu♡」「Futuer of Shimizu」等なども一役担っています。国際的なクルーズ人口が増えるなか、他とは違う、この清水港でしか見られないこの彩り風景は「また清水港へ行ってみたい!!」 「清水港を見てみたい!!」と多くの観光客を魅了し、口コミでひろがることでしょう。

HP上空から.jpg

頭取.jpg船長さん.jpgテント7基jpg.jpg