Top / 美しいみなとづくりのための船上視察・・そして清水港飼料株式会社2色のイエローハーモニー

令和元年8月22日(木)9時~国土交通省中部地方整備局清水港湾事務所まさきにて色彩計画アドバイザー会議メンバーの皆様と美しいみなとづくりのための海上視察。

7時にはマジェスティック・プリンセスの初寄港がありました。

マジェスティック・プリンセスは、全長330m、高さ60.0m(水面上)マリンターミナル、合同庁舎より秀でて壮観で美しい客船です。まさに浮かぶアミューズメントビル、長くは霊峰富士山に調和した港づくりに勤しみ、今はエレガントな客船に相応しい港であることを目標にしています。

海の玄関口としての港はもちろん清水港の歴史、食、何よりも山岡鉄舟のほれ込んだ次郎長がいた熱い清水。

世界からのクルーズ寄港への最大級のおもてなしは、清水港特有の美しさは風景だけではない!!

私たちのwelcome精神です。

日々、それぞれの企業の健やかな営みが港の自画像となり、魅力となります。

陸域調査にて清水港飼料株式会社の新たな塗替えを発見!!

ベルトコンベアーにレモンイエロー、危険防止策にはカナリア色を使用しています。

この2色のイエローによるハーモニーは絶妙にて、奥行き感を醸し出しています。

皆様の是非ご覧くださいね(^_-)-☆今後もカラーハーモニー、カラーコーディネートによりクオリティーを高めてまいりましょう!!

 しみず飼料.jpgしみず資料2.jpg