Top / 平成26年11月5日(水)清水港にてJICA集団研修が行われました。

平成26年11月5日(水)、清水港にて国際協力機構(JICA)18名の集団研修ツアーが行われました。

当日は日本平ホテルからの清水港全景の視察の後、清水港の概要説明、港湾業務艇「まさき」からの港内視察を行いました。

船上では清水港・みなと色彩計画アドバイザーである東海大学海洋学部 東 恵子教授が色彩計画の狙いや進歩状況について説明しました。その際、JICA研修員から「なぜみなと色彩計画で色を揃えるのか。」、「なぜみなと色彩計画のシンボルカラーが青と白に決まったのか」などの活発な質問が出され、色彩計画に大変興味を持っていた様子でした。

また、「清水港でこのような研修を企画してもらい、大変よかった」、「港湾関係企業が責任を持ち景観に配慮をしている点が興味深い」という感想を頂きました。

JICA清水港視察会 日本平.jpg

≪日本平ホテルにて清水港全景を視察≫

JICA清水港視察会 勉強中1.jpg

≪清水港概要説明の様子≫

JICA清水港視察会 船内1.jpg

≪港内視察の様子≫

JICA清水港視察会 ドリプラ背景.jpg

≪清水港視察後の集合写真≫